リキッドファンデとパウダーファンデの違い

ファンデーション選びで、リキッドファンデかパウダーファンデ、どちらがよいのか迷った時は、
なりたい肌に合わせてファンデーションを選ぶようにしましょう。

 

リキッドファンデとパウダーファンデの大きな違いは、油分と水分の量です。

同じメーカーのファンデーションでも、完成度の高いしっかりメイクには、リキッドファンデ。

ナチュラルなしあがりで軽く仕上げるメイクには、パウダーファンデが向いています。

リキッドファンデは肌に密着し綺麗な肌になるので、塗り方一つで自然で薄化粧のような仕上がりにも、モデルさんのようなしっかりとした完璧メイクにもなります。

パウダーファンデは透明感を残し自然な仕上がりが特徴です。

 

以前は、オイリー肌の人はパウダーファンデを、乾燥肌の人はリキッドファンデを使うよう言われていましたが、ファンデーションはとても進化しているので、なりたい肌質メイクのよってファンデーションを選ぶとよいと思います。

リキッドファンデもパウダーファンデも塗り過ぎると、化粧崩れしやすくなりますので、伸びが良い薄付きでもカバー力の高いファンデーションを選びましょう。

 

肌の状態や、顔の部位によって、リキッドファンデ・パウダーファンデを使い分けると、綺麗な美肌を作れます。

小じわやほうれい線などが気になる場合は、パウダーファンデーションをブラシでなじませるように塗っていくと、
化粧崩れもしにくく自然に仕上がります。